様々な調査|名刺管理などのコストを極限まで安く|ビシネスの掟

名刺管理などのコストを極限まで安く|ビシネスの掟

背広の男女

様々な調査

握手

顧客への意見調査を目的とした行為

CS調査とは顧客満足度を調べる方法として知られています。この調査では主に、対象商品・サービスへの直接的な評価の他、その評価を通した顧客のニーズ・意識調査、あるいは顧客が求める自社への意見など、様々な要素を調査するという側面が挙げられています。CS調査では対象となる商品あるいは顧客の絞り込みの他、実施方法や分析において大がかりな準備を必要とするケースが多く挙げられます。その一方で、こうした調査は形態を問わず、何らかの形で行われているケースも多いと言われています。例えば大学の授業感想アンケートや集合住宅での住民アンケートなど、特別な意見層の絞り込みを必要としない対象へ、統計的なアンケートを取る手法は広く使われています。また、街頭インタビューなどは既に「その現場や環境に関わっている」前提でのインタビューであるため、意見層を絞り込んだ上で具体的な意見を得るCS調査手法とも言えます。

CS調査における必要経費

形態の違いはありますが、CS調査と見なされる調査は広く行われています。そのためこうした調査にかかる必要経費も、形態によってまちまちだと考えられています。一般的な企業が行うCS調査としては、専門の統計的処理を行うアンケート業者に依頼するケースが多いと言われています。そうした場合、費用はアンケートの量や分析条件などに応じて変動するとされています。具体的には質問の量やアンケート対象の顧客数、集計方法および集計用の分析プログラムの精度などが、費用を左右する要素に挙げられます。こうした業者を活用する場合は、事前に具体的な調査目的や対象層を絞り込んでおく事が良いとされます。その上で、調査システムおよび見積もりを複数の業者に依頼して比較する方が、より的確で安価なCS調査を実施する基本とされています。